Research press release

地球温暖化によって深刻化する北京の冬の煙霧

Nature Climate Change

Climate Change: More winter-time haze in Beijing with global warming

中国の北京での重度の煙霧現象の発生頻度と持続性が気候変動によって高まっていることを報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。今回の研究では、中国政府が厳しい排出規制を実施しているにもかかわらず、健康と経済に対する煙霧関連の影響が大きくなっている可能性が示唆されている。

最近になって中国全土で冬季の煙霧が多くなってきているが、その主たる原因は、急速な工業化と都市化に伴う大気汚染物質の排出量の増加とされてきた。ところが煙霧の形成に関連する特定の一連の気象条件の変化も北京での煙霧の発生頻度が上昇した一因であった可能性がある。

今回、Hong Liaoの研究チームは、観測結果と一連の気候変動シミュレーションを用いて、北京において煙霧を発生しやすくする気象条件が1948~1981年の期間から1982~2015年の期間までに10%増加したことを明らかにした。そしてLiaoたちは、こうした変化が今後も継続するという見方を示している。例えば、21世紀後半になると、2013年1月に広域的に発生した煙霧現象のような極端な気象条件の発生頻度が50%増加し、持続性が80%増加する可能性が高いとされる。

同時掲載のRenhe Zhang によるNews & Views記事では、「北京での激しい大気汚染のリスクを減らすには、大気汚染物質の排出規制による大気汚染の抑制とは別に全球規模で地球温暖化の減速を図るための活動が緊急に必要とされている」という見解が示されている。

A study published online this week in Nature Climate Change reports that climate change increases the frequency and persistence of severe haze events in Beijing, China. The study suggests that haze-related health and economic impacts may continue to rise despite stringent emission controls implemented by the Chinese government.

The recent increase in winter-time haze across China has largely been attributed to heightened atmospheric pollutant emissions that are associated with rapid industrialisation and urbanisation. However, changes in a specific set of weather conditions related to haze formation may also have contributed to increased haze occurrence in Beijing.

Hong Liao and colleagues use observations and an ensemble of climate model simulations to show that weather conditions that favour haze development have increased by 10% in Beijing from the 1948-1981 period to the 1982-2015 period. They suggest that these changes will continue in the future. For example, extreme weather conditions like those of the widespread haze event of January 2013 are likely to increase in frequency by 50% and persistence by 80% by the second half of the twenty-first century.

In an accompanying News & Views article, Renhe Zhang comments that “aside from controlling air pollution by limiting pollutant emissions, a global effort to slow down global warming is also urgently needed to decrease the risk of heavy air pollution in Beijing.”

doi: 10.1038/nclimate3249

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度