Research press release

パリ協定の目標達成に向けた進捗状況を把握するための指標

Nature Climate Change

Tracking progress to Paris goals

パリ協定に定める地球規模の気候目標の達成に向けた各国の進捗状況を常時把握するための新しい方法を明らかにした論文が、今週のオンライン版に掲載される。この方法に示された相互に関連する一連の指標からは、現在の温室効果ガスの排出速度で、温暖化を摂氏2度未満に抑えるという目標の達成に向けてほぼ順調に進んでいることが示唆されているが、2030年の目標を達成し、パリ協定の野心的な長期目標であるネットゼロエミッション(新たな温室効果ガス排出量と大気中から再回収される温室効果ガスの量を等しくさせる)を達成するには、既存技術の急速な展開と技術の進歩が必要なことが明らかになっている。

今回、Glen Petersの研究チームは、茅恒等式(Kaya Identity)を用いて気候とエネルギーに関連する測定可能な複数の指標を明らかにし、これによって炭素の排出とそのさまざまな駆動要因(例えば、経済成長、エネルギー集約度(GDP 1単位の生産に要するエネルギー量)など)を関連付けた。これらの指標は、さまざまな時期の進捗状況をさまざまな詳細度で追跡する。Petersたちは、これらの指標を全球レベルと国レベルのデータに適用して、エネルギー1単位あたりの炭素生成量が近年減少し、つまりエネルギーの炭素集約度は改善されたが、エネルギーの利用が炭素排出の最大の駆動要因であることに変わりのないことを明らかにした。また、Petersたちは、太陽光発電と風力発電の成長は炭素排出量の伸びの鈍化に寄与したものの、経済的要因とエネルギー効率の向上による影響の方が大きいことを明らかにし、かつての繁栄を取り戻すと炭素排出量の伸びの鈍化傾向が逆転してしまう可能性があるという考えを示している。

Petersたちは、エネルギーの炭素集約度のさらなる改善が、技術の進歩によってもたらされる点を強調しており、パリ協定の長期目標であるネットゼロを達成するには、再生可能エネルギーの利用拡大を加速させ、炭素の回収・貯留を広範に実施することが間もなく必要になるという考えを示している。

同時掲載されるChristopher GreenのNews & Views記事には、「今から2050年までに炭素排出量を80%削減するには、炭素排出量の減少率を年約5%としなければならない。…この新しい解析結果は、全球炭素排出量を大幅に削減するための技術が十分に揃っていない可能性を示唆している」と記されている。

A new method for tracking the progress that individual countries are making towards meeting the global climate targets of the Paris Agreement is published online this week in Nature Climate Change. Although the new set of interrelated indicators suggests the rate of current global carbon emissions is broadly on track to keeping warming below 2 °C, rapid deployment of existing technologies and technological advances are needed to stay on track to 2030 targets and the longer-term Paris ambition of balancing any new emissions with emissions recaptured from the atmosphere (net-zero emissions).

Glen Peters and colleagues used the Kaya Identity to present measureable indicators related to climate and energy, thereby linking carbon emissions to their various drivers, such as economic growth and energy intensity of GDP. These indicators track progress at different levels of detail and different time periods. Applying these indicators to global and country-level data, the authors show that the amount of carbon produced per unit of energy has decreased in recent years (that is, the carbon intensity of energy has improved); however energy use remains the largest emissions driver. They find that growth in solar and wind power has contributed to the emissions slowdown, but that economic factors and improved energy efficiency have had a greater impact - suggesting a return to greater prosperity could reverse declining emissions.

The authors highlight that further improvements in the carbon intensity of energy will come from technological advances. They suggest that, in order to meet the long-term net-zero goal of the Paris Agreement, accelerated expansion of renewables and widespread implementation of carbon capture and storage is needed soon.

In an accompanying News & Views article, Christopher Green writes: “To reduce carbon emissions by 80% between now and 2050 requires a ~5% per year rate of decline in carbon emissions…This new analysis suggests that we might not be technologically ready to make deep cuts in global emissions.”

doi: 10.1038/nclimate3202

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度