Research press release

米国での気候変動論に対する反対運動の構造と影響

Nature Climate Change

Structure and influence of the US climate change counter-movement

人為起源の気候変動に関する科学的合意を否定する情報を生み出して広めている個人と団体が発するメッセージが報道機関に取り上げられる可能性は、その個人と団体が影響力のある企業やその他の法人との結びつきを持ち、その財政支援を受けている場合に高くなることを報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。今回の研究は、米国民が気候変動について確信を持てなかったり、疑問を感じたりするようになる政治過程と社会過程を明らかにしており、こうしたことが他の先進国よりも米国に多い理由を説明する上で役立つ可能性がある。

今回の研究でJustin Farrellは、ネットワーク科学とコンピューターによるテキスト解析を用い、米国内の気候変動論に対する反対運動に関して、関連する組織と企業の構造に加えて、報道機関と政治家に対する影響力を解明した。Farrellは、反対意見のプロモーションに関与する4,556人の個人と164の団体によって構成された組織的社会的ネットワークを構築し、内国歳入庁のデータを用いて、1993~2013年にこのネットワーク内で法人後援者から資金を受け取った団体を割り出した。

また、Farrellは、気候変動論に対する反対運動が報道機関と政治家に及ぼす影響を明らかにするために、コンピューターによるテキスト解析を用いて、1993~2013年に反対運動を行う団体が作成した40,785点の文書と同じ期間中の大手報道機関3社(ニューヨークタイムズ、ワシントン・タイムズ、USAトゥデイ)、米国大統領、米国議会の気候変動に関する全ての書記テキストと口頭テキスト(約25,000点の文書)を比較した。

その結果、企業やその他の法人と結びつきを持ち、その財政支援を受けている団体は、そうしたコネを持たない団体よりも、報道機関にメッセージを取り上げてもらえる可能性が高い(テキスト類似性スコアが高い)ことが明らかになった。今回の研究結果は、科学の民営化、科学的論点をめぐる企業のロビー活動の影響とその延長線上にある米国での企業への富の集中に対して幅広い影響を及ぼすとFarrellは結論づけている。

Individuals and organizations that produce and disseminate information rejecting the scientific consensus of human-caused climate change are more likely to have their message represented in the news media if they have ties to elite corporate benefactors, reports a new paper published online this week in Nature Climate Change. The study reveals the political and social processes driving uncertainty and doubt about climate change among US citizens, and may help to explain why these views are more common in the US compared with other developed nations.

Justin Farrell used network science and computational text analysis to uncover the institutional and corporate structure of the US climate change counter-movement and its influence on the news media and politicians. He constructed an institutional and social network of 4,556 individuals and 164 organizations involved in promoting contrarian viewpoints, and then used Internal Revenue Service data to identify organizations within the network that received funding from corporate benefactors between 1993 and 2013.

To determine the influence of the climate change counter-movement on the news media and politicians, Farrell used computational text analysis to compare 40,785 documents produced by contrarian organizations between 1993 and 2013, as well as all written and verbal texts (nearly 25,000 documents) about climate change from three major media outlets (The New York Times, The Washington Times and USA Today), US presidents and the US Congress during the same period.

Farrell finds that organizations with ties to corporate benefactors are better at getting their message into the news media (indicated by higher text similarity scores) than those without such connections. He concludes that the study has broader implications for the privatization of science, the influence of corporate lobbying around scientific issues and, by extension, the increasing concentration of corporate wealth in the US.

doi: 10.1038/nclimate2875

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度