Research press release

低炭素エネルギー政策の健康効果に関するシミュレーション

Nature Climate Change

Simulating health benefits of low carbon energy policy

再生可能発電プロジェクトと省エネ対策は年間数百万ドルの健康効果を生み出す可能性を秘めているという報告が、今週のオンライン版に掲載される。ただし、そうしたプロジェクトの価値は、プロジェクトの種類と立地条件によって大きく異なる。

低炭素エネルギー源を用いた発電とエネルギー需要の削減を行えば、化石燃料発電の必要性を減らし、亜酸化窒素、二酸化硫黄、二酸化炭素などの有害ガスの排出量を低減できる。今回、Jonathan Buonocoreたちは、2012年の米国の大西洋岸中部と五大湖南部における風力エネルギーと太陽エネルギーの各プロジェクトとエネルギー消費量の節減を目指した2つの戦略について、公衆衛生と気候にとっての利点の貨幣価値を算定するための評価方法を開発した。

全ての低炭素エネルギープロジェクトで温室効果ガスの排出量が減ったが、プロジェクトの立地によって結果に大きなばらつきがあった。また、低炭素発電の占める割合が最も大きい地域で健康と気候に対する恩恵が必ずしも最大でなかった点は注目に値する。例えば、シンシナティ近郊の風力発電施設による利益は、バージニア州の施設の2倍に達した。これは、シンシナティの人口密度の方が高いために、人間の健康に対する効果が増大化したことによる。一方、シンシナティ近郊の太陽光発電施設による利益はシカゴ近郊の施設のほぼ3倍だった。これは、石炭消費量の節減効果がはるかに大きかったために二酸化硫黄の排出量が多く削減されたことによる。

Buonocoreたちは、こうした戦略を実施することによってもたらされる利益が、プロジェクトの種類と立地条件に応じて、年間570万~2億1000万ドル(約6.8~250億円)にのぼると結論づけ、今回開発された評価方法を利用すれば、米国各地で実施すべきエネルギー政策と環境政策を選定できるようになるという考え方を示している。

Renewable electricity projects and energy efficiency measures could have health benefits worth millions of dollars a year, according to a study published online in Nature Climate Change. The value of such projects varies greatly depending on the type of project, and where they are located, however.

Generating electricity from low-carbon energy sources and cutting energy demand reduces the need for fossil fuel power generation, decreasing emissions of harmful gases such as nitrous oxide, sulphur dioxide, and carbon dioxide. Jonathan Buonocore and colleagues created an assessment tool to calculate the monetized public health and climate benefits of a wind and a solar energy project and two strategies aimed at reducing energy usage in the Mid-Atlantic and Lower Great Lakes region of the United States for 2012.

They found that while all the low-carbon energy projects reduced greenhouse gas emissions, the results varied dramatically in each location. Notably, the areas with the largest share of low-carbon power did not necessarily experience the greatest health and climate benefits. For example, a wind installation near Cincinnati was twice as beneficial as one in Virginia, largely because of Cincinnati’s higher population density, magnifying the effects on human health. Meanwhile, a solar installation near Cincinnati was nearly three times as beneficial as one near Chicago because it replaced much more coal, causing a larger reduction in sulphur dioxide emissions.

The authors conclude that the benefit of implementing such strategies ranged from US$5.7 to US$210 million a year, depending on the project type and location. They suggest that their tool could be used to make decisions about which energy and environmental policies to implement across the US.

doi: 10.1038/nclimate2771

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度