Research press release

今後の強烈な熱帯低気圧によって米国フロリダ、オーストラリア、ペルシャ湾沿岸の一部地域が深刻な被害を受けるおそれ

Nature Climate Change

Future extreme tropical storms threaten parts of Florida, Australia and the Persian Gulf

過去の記録からだけでは予測不能な強烈な熱帯低気圧(「グレー・スワン」低気圧)の発生可能性が一部の地域で高くなるという予測を示した論文が、今週のオンライン版に掲載される。こうした強烈な熱帯低気圧のリスクが高まることで、ケアンズ(オーストラリア)、タンパ(米国フロリダ州)やペルシャ湾沿岸の都市が影響を受けることが予測されている。

めったに発生しないが、もたらす影響が甚大で予測不能な暴風は「ブラック・スワン」として記述されてきた。これに対し、グレー・スワンは、過去の記録だけに基づく想定の範囲を超える壊滅的な高潮を引き起こすことがある強烈な熱帯低気圧のことで、物理的知識を過去のデータと併用することで予測が可能になると考えられている。

今回、Ning LinとKerry Emanuelは、3か所の非常に脆弱な沿岸地域について、グレー・スワン事象による高潮のリスクをモデル化した。その結果、熱帯低気圧の記録のないペルシャ湾沿岸でのリスクが高くなる可能性が判明し、タンパとケアンズに対する脅威もこれまでの予想を超えることが分かった。今回の解析では、グレー・スワン低気圧が現在のタンパ、ケアンズ、ドバイを襲うというシミュレーションが行われ、それによる高潮が6 m(タンパ)、5.7 m(ケアンズ)、4 m(ドバイ)に達することが明らかになった。また、このシミュレーションでは、こうした高潮が21世紀末までにドバイで最大7 m、タンパで最大11 mに達する可能性も示された。

グレー・スワンによる高潮は、今後数十年間に激しさを増すだけでなく、そうした高潮の発生リスクが気候変動のために高くなることが予測されている。そのため、タンパに6 mの高潮をもたらすグレー・スワン低気圧の発生周期が現在の約10,000年から21世紀半ばには3,100~1,100年となり、21世紀末頃には2,500~700年まで短縮されることが予想されている。そうなると、21世紀末には、1年間にグレー・スワン低気圧が発生する確率が現在の約4~14倍に達する。

An increased likelihood of extreme tropical storms, unpredictable from the historical record alone, is expected in certain regions, according to a study published online in Nature Climate Change. The increased risk of such ‘grey swan’ storms will impact Cairns, Australia; Tampa, Florida and cities on the Persian Gulf.

Infrequent and high-impact storms that cannot be anticipated have been described as ‘black swans'. In contrast, grey swans are extreme tropical cyclones that can induce devastating storm surge impacts beyond what might be considered plausible based on the historical record alone, but that may be foreseeable using physical knowledge together with historical data.

Ning Lin and Kerry Emanuel modelled the risk of storm surge from grey swan events for three highly vulnerable coastline regions. They identify large potential risks in the Persian Gulf, where tropical storms have never been recorded, as well as larger than expected threats in Tampa and Cairns. The analysis shows that surges generated by simulated grey swan storms striking Tampa, Cairns, and Dubai today could reach as high as 6, 5.7 and 4 metres, respectively. Moreover, the simulations indicate the possibility of storm surges up to 7 and 11 metres for Dubai and Tampa, respectively, by the end of the century.

Grey swan storm surges are not only projected to become more powerful over coming decades, but the risk of them occurring is expected to increase due to climate change. Thus, the return time of a grey swan storm with 6-metre storm surge for Tampa is estimated to fall from around 10,000 years today to 3,100-1,100 years by mid-century, with a further fall to 2,500-700 years towards the end of the century. This means that the likelihood of such a storm in any given year will be between around 4 and 14 times higher at the end of the century than it is today.

doi: 10.1038/nclimate2777

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度