Research press release

温室効果ガス排出量を減らすロボットタクシー

Nature Climate Change

Robocabs to save emissions

自動運転の電気自動車のタクシー(ロボットタクシー)が、今後20年間に米国内の軽量車による温室効果ガス排出量を著しく減らす可能性のあることを報告する論文が、今週掲載される。今回の研究では、このロボットタクシー1台当たりの温室効果ガス排出量が、従来の燃料を用いて人間が運転する自動車と比較して、1マイル当たり最大94%削減できると推算された。

既存の自動車メーカーと自動車技術会社は、車両の自動運転機能を高める方法の研究を強化しており、グーグルは、2017年までに完全自動運転車を発売することを発表した。こうした車両は、理論上、利用回数の増加、最も効率的なルートの計画、そして、完全電気自動車に組み込むことによって輸送部門の温室効果ガス排出量を削減できる可能性がある。

今回、Jeffery GreenblattとSamveg Saxenaは、こうした自動運転車が米国の輸送部門の温室効果ガス排出量に与える影響可能性をガソリンと電気の温室効果ガス排出集約度(2014年実績と2030年見込み)に基づいてモデル化した。その結果、自動運転タクシーに切り換えた場合、従来の燃料を用いて人間が運転するタクシーと比べて、1台当たりの排出量削減率が87~94%となり、ハイブリッド車の排出量の2030年見込みからの削減率は63~82%になると推算された。Greenblattたちは、こうした温室効果ガス排出量の削減が、主に発電による排出量の将来的削減、車両の小型化(座席数を実際に移動する乗客数に合わせられる)、走行距離の延伸(高効率自動車の総年間費用を減少させる)によってもたらされると考えている。また、電池式電気自動車による自動運転タクシーに切り換えた場合には、米国内の石油消費量もほぼ100%削減できる可能性がある。米国内の発電で石油による発電の占める割合は1%に満たないからだ。

同時に掲載されるAustin BrownのNews & Views記事では、この自動運転タクシーは「気候変動を緩和させつつ輸送システムを改善する上で大いに有望視されるが、政策当局者が、この素晴らしい新技術の展開を放任するのではなく、しっかり両手でハンドルを握って関与することが必要だ」と主張されている。

Robotic, self-driven, electricity-powered taxis could significantly reduce greenhouse-gas emissions from light-duty vehicles in the United States within the next 20 years, according to a new paper published in Nature Climate Change. The study estimates that these robocabs could reduce individual vehicle emissions by up to 94% per mile when compared with current conventionally driven and powered vehicles.

Established automobile manufacturers and technology companies are increasingly looking at ways to make vehicles more autonomous and Google has announced plans to release a fully self-driven vehicle by 2017. Fleets of these vehicles could, in theory, reduce emissions in the transport sector by making more journeys, planning the most efficient routes, and integrating into fully electric power systems.

Jeffery Greenblatt and Samveg Saxena model the potential impact of these fleets on US transport sector emissions based on greenhouse-gas intensity of gasoline and electricity in 2014 and projections for 2030. They estimate that switching to autonomous taxis could result in per-vehicle emissions savings of 87?94% over current conventionally driven vehicles, and 63?82% over projected hybrid vehicles in 2030. The authors suggest that these reduced emissions would result primarily from future decreases in emissions from electricity production, smaller vehicle sizes (as the number of seats needed can be matched to the number of passengers travelling), and longer distances travelled (which reduces the total annual cost of high-efficiency vehicles). Switching to battery-electric autonomous taxis could also reduce oil consumption because oil provides less than 1% of US electricity generation.

In an accompanying News & Views, Austin Brown writes that autonomous taxis “offer great promise for creating a better transportation system while mitigating climate change, but only if policymakers go in with both hands on the wheel instead of letting this exciting new technology develop on autopilot.”

doi: 10.1038/nclimate2685

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度