Research press release

社会学:特定の国の科学研究へ偏る引用バイアス

Nature Human Behaviour

Sociology: Citation bias towards scientific research from certain countries identified

研究活動の活発な一部の国々の研究者から報告される科学論文は、より多く引用される傾向にあることを明らかにした論文が、Nature Human Behaviour に掲載される。この知見は、引用バイアスが科学界に存在することを示唆しており、これは、世界の多様な意見が聞き入れられにくく、認められにくいことを意味している可能性がある。

科学論文は、引用を用いて、当該研究が参考にした過去の研究成果に言及し、参考文献のリストの形にまとめている。多くの参考文献リストに含まれる論文は、引用度が高いと言われる。

今回、Charles Gomezたちは、1980~2012年に発表された150の分野の約2000万件の科学論文の本文と引用を調べ、論文の本文に基づいて予想される引用数と、その論文の実際の引用数との差を捉える尺度を開発した。その結果、少数の国(米国、英国、中国など)が科学研究の中核を担っており、中でも米国があらゆる分野で突出していることが判明した。言い換えると、この中核グループの研究者による論文は、たとえ類似の内容を扱っていても、他の国々(ブラジル、メキシコ、トルコなど)の研究者による論文に比べて引用されやすかった。また、Gomezたちは、引用されやすい国とされにくい国の間に見られるギャップは、時を経るごとに大きくなっていることを見いだした。

Gomezたちは、一部の国の研究論文は、科学研究において組織的に見落とされていると結論付け、その結果、そうした国々からの知見は世界の科学に組み入れられず、世界の科学の発展を妨げかねないと論じている。

Scientific papers from researchers in a small number of highly active countries are more likely to be cited, according to a paper published in Nature Human Behaviour. These findings suggest that there is a citation bias in science that could mean that globally diverse voices are less likely to be heard and recognized.

Scientific papers use citations to acknowledge previous works that have informed the research, which are compiled into a list of references. A paper that has been included on many reference lists is said to be highly cited.

Charles Gomez and colleagues examined the text and citations of nearly 20 million scientific papers across 150 fields, published between 1980 and 2012. The authors develop a measure that captures the difference between the number of citations that would be expected for a paper based on the text contained within it, and the actual number of citations the paper received. A small number of countries (such as the USA, UK and China) were found to be at the core of scientific research, with the USA being the most prominent country across all fields. In other words, papers from scientists in this core group were more likely to be cited than those from other countries (for example Brazil, Mexico and Turkey), even if they covered similar subject matters. The authors found that this gap between over- and under-cited countries grew over time.

The authors conclude that research papers from some countries are systematically overlooked in scientific research. Consequently, knowledge from these countries is not incorporated into global science, which they argue may impede global scientific growth.

doi: 10.1038/s41562-022-01351-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度