Research press release

ヨーロッパ人集団の遺伝的進化の証拠

Nature Human Behaviour

Genetics: Evidence for genetic evolution in European populations

過去2000~3000年に、ヨーロッパ人の遺伝的進化に自然選択が果たしてきた役割について明らかにした論文が、Nature Human Behaviour に掲載される。今回の研究では、この期間に自然選択によって変化した755の形質と関連する遺伝的影響が特定されており、この過程がヒトゲノムに影響を及ぼし続けていることが示された。

自然選択は、進化が起こるルートの1つであり、1つの世代から次の世代へと小さな変化をもたらす。これまでの研究から、自然選択がホモ・サピエンスの進化をどのように形作ってきたかについては明らかにされているが、選択がその後のどのような影響をもたらしているかについてはあまり分かっていない。

今回、Weichen Songたちは、英国バイオバンクと精神医学ゲノミクスコンソーシアムから得た現生人類の遺伝学的データ、およびヨーロッパ中から集められた古代ヒトゲノムDNAを用いて、ホモ・サピエンスが種として出現してから現在に至る期間のヨーロッパ人集団における自然選択の証拠について調べた。Songたちは、755の複雑形質(複数の遺伝的影響と環境因子が関連する形質)に関連する遺伝的影響が、過去3000年の間に自然選択によって変化してきたと示唆している。これらの形質には、色素沈着や栄養摂取、炎症性腸疾患、神経性無食欲症といったいくつかのありふれた疾患など、多種多様な遺伝的影響に関連する形質が含まれている。

Songたちは、今回得られた結果では、こうした遺伝的影響が複雑形質に対して因果関係のある影響を及ぼすかどうかを判定することはできず、またヨーロッパ人のデータのみが使用されたことから一般化には限界があるものの、ヒトの遺伝と進化に関する今後の研究の基盤となる可能性があると結論付けている。

Insights into the role that natural selection has played in recent European human genetic evolution over the past 2,000–3000 years is revealed in a paper published in Nature Human Behaviour. The study — which identifies genetic effects associated with 755 traits that have been altered by natural selection over this time period — demonstrates the influence that this process continues to have on our genome.

Natural selection is one way in which evolution occurs, leading to small changes from one generation to the next. Previous findings have revealed how natural selection may have shaped the evolution of our species (H. sapiens), but less is known about any subsequent impacts of selection.

Weichen Song and colleagues use modern human genetic data from the UK Biobank and Psychiatric Genomics Consortium, along with ancient human genomic DNA from across Europe, to examine evidence for natural selection in European populations for the period spanning from the emergence of H. sapiens as a species to the present day. The authors suggest that the genetic effects associated with 755 complex traits — those associated with multiple genetic effects and environmental factors — have been altered by natural selection over the past 3,000 years. These include traits linked to many different genetic effects, including pigmentation, nutritional intake and several common diseases or disorders, such as inflammatory bowel disease or anorexia nervosa.

The authors conclude that although their results cannot determine whether these genetic effects have a causal impact on complex traits, and generalizability is limited by the exclusive use of European data, they could act as a foundation for future research into human genetics and evolution.

doi: 10.1038/s41562-021-01231-4

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度