Research press release

社会科学:ティーンエージャーの少女たちのインターネット活動と被害のリスク

Nature Human Behaviour

Social sciences: Internet activity and risk of victimization of teenage girls

ティーンエージャーの少女のインターネット活動は、オフラインにおけるリスク因子と相まって、ネット上の被害リスクを高める可能性があること、そしてこのリスクは小児期に性的虐待を受けた者で高くなる傾向にあることを示唆する論文が、Nature Human Behaviour に掲載される。

これまでの研究では、インターネットの利用は全般的にティーンエージャーたちに特に問題はないと報告されてきた。しかし、インターネットの利用者は、ネットを介した性犯罪やネット上でのいじめに対して脆弱な可能性がある。ネット上の活動と、それがどのようなリスクと関係しているかを理解することは重要だが、これまでの研究のインターネット活動については、ティーンエージャーたち自身による説明のみによっていた。

今回、Jennie Nollたちは、児童福祉機関から募集した12~16歳の少女460人にノートパソコンを提供し、彼女たちのインターネット活動を4週間にわたって追跡した。そのうち156人は、小児期に性的虐待を受けていたことが確認されている者であった。全参加者に面談を行って、心理学的・社会学的な幸福感の程度、性的行動、ネット上の被害経験の有無が測られた。2年後には同様の面談が2再び実施された。その結果、全体的にティーンエージャーの少女たちは、オンラインおよびオフラインでの活動に基づいて3つのグループに分けられることが明らかとなった。インターネット活動が活発で、心理学的・社会学的幸福感の低いグループの少女たちは、ネット上の被害にあうリスクが最も高かった。これには、ネットいじめを受けるリスクの高さと、ネット上の性的勧誘を受けるリスクの高さが含まれる。小児期に性的虐待を受けた少女たちは、この高リスクグループに含まれる確率が高かった。

今回得られた知見は、ティーンエージャーの少女たちがネット上の被害を被るリスクにはオンラインとオフラインの両方の因子が寄与していること、また小児期に性的虐待を受けた者でそのリスクが高くなる傾向があることを示唆している。一方で、Nollたちは、一般的な結論を引き出す際に考慮すべきいくつかの点に注意を促している。例えば、今回の研究は2012~2015年にのみ実施されたものであること、得られた結果はリスクに注目したものであって被害の要因に注目したものではないこと、そして全てのティーンエージャーたちへの一般化可能性は検討されていないことなどである。

For teenage girls, their internet activity — together with offline risk factors — can increase their risk of online victimization, and this is more likely for those who have experienced childhood sexual abuse, suggests a study published in Nature Human Behaviour.

Previous research has indicated that internet use in general is not problematic for teenagers. However, internet users may be vulnerable to internet sex crimes and cyberbullying. Understanding online activity and how this relates to risk is important, yet previous studies have relied solely upon teenagers’ own accounts of their internet activity.

Jennie Noll and colleagues provided laptops to 460 teenage girls aged 12–16, recruited from child welfare agencies, and monitored their internet activity over 4 weeks. Of this group, 156 individuals had experienced substantiated childhood sexual abuse. All participants were interviewed to measure psychological and social wellbeing, sexual behaviours and if they had experienced online victimization. These interviews were then repeated two years later. Overall, the authors found that the teenagers could be placed into three groups on the basis of their online and offline activity. Individuals within the group that displayed high levels of internet activity and low psychological and social wellbeing were at the highest risk of online victimization. This included an increased risk of being cyberbullied and receiving upsetting online sexual solicitations. Girls who had experienced childhood sexual abuse were more likely to be included within this high-risk group.

These findings suggest that both online and offline factors contribute to the risk of teenage girls becoming victimized online, and that survivors of childhood sexual abuse may be at a higher risk. However, the authors highlight several caveats that should be considered when drawing general conclusions. For instance, the study was conducted only between 2012 and 2015, the results highlight the risks and not the causes of victimization, and the generalizability to all teenagers was not examined.

doi: 10.1038/s41562-021-01187-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度