Research press release

社会科学:COVID-19による外出制限政策が都市部の犯罪の37%を減少させた

Nature Human Behaviour

Social science: COVID-19 stay-at-home policies linked to 37% reduction in urban crime

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に対応するために世界各地で実施された外出制限政策は、23か国27都市において、平均37%の犯罪の減少と関連していることが、Nature Human Behaviour に掲載された研究で明らかとなった。

COVID-19パンデミックに対応して、各国政府がロックダウンを実施したことは、私たちの生活に大きな影響を及ぼしてきており、多くの国では現在でも大きな影響を及ぼしている。しかしながら、こうした政策が世界の都市犯罪にどのように影響を与えているかは分かっていない。

Amy Nivetteたちは今回、米国、ヨーロッパ、中東、アジアの23か国27都市における日々の犯罪件数を解析した。得られたデータを用いて、ロックダウンが各都市の6種類の警察記録犯罪(暴行、窃盗、住居侵入、強盗、車両盗難、殺人)に及ぼした影響を、COVID-19以前の犯罪レベルと比較することで評価した。その結果、都市によって、また評価対象の犯罪の種類によって違いはあるものの、全体的に見ると、外出制限政策は犯罪の37%の減少と関連していた。平均減少率をみると、最も小さかったのは殺人であり(14%)、最も大きかったのは強盗(46%)と窃盗(47%)で、住居侵入(28%)、車両窃盗(37%)、暴行(35%)の減少率はこの範囲内にあった。公共の場における人々の移動をより厳しく制限することで、犯罪率がより大きく減少することも予測される。

Nivetteたちは、殺人の減少が限定的であったのはいくつかの要因が考えられると述べている。多くの社会において、殺人のかなりの割合は家庭内で発生しており、そのため外出制限政策の影響を受けない。また、組織犯罪、ギャング間抗争、麻薬取引に関連した殺人の件数もさまざまであり、これらの集団の行動は、組織犯罪に関与してない人々の日常生活の変化による影響をそれほど受けない可能性がある。

Nivetteたちは、今後の研究は、さらに多くの世界の都市で集められたデータを用いて、都市犯罪の動態を長期的な視点で掘り下げるべきであると指摘している。ロックダウンが、犯罪ホットスポットなどの特定の地域における犯罪パターンに及ぼす影響についても評価する必要がある。

Stay-at-home policies — implemented globally in response to the COVID-19 pandemic — were associated with a 37% reduction in crime, on average, in 27 cities across 23 countries, finds a study published in Nature Human Behaviour.

The introduction of lockdowns by governments around the world in response to the COVID-19 pandemic has had — and continues to have — far-reaching effects on the ways in which we conduct our lives. However, it is unclear how these policies have affected urban crime, globally.

Amy Nivette and colleagues analysed daily cases of crime in 27 cities located in 23 countries across the Americas, Europe, the Middle East and Asia. These data were used to assess the impact of lockdowns on six types of police-recorded crime (assault, theft, burglary, robbery, vehicle theft and homicide) in each city by comparing them to pre-COVID-19 crime levels. Although variations existed on a city-by-city basis and according to the type of crime assessed, overall, stay at home policies were associated with a 37% reduction in crime. The average reduction was smallest for homicide (14%) and largest for robbery (46%) and theft (47%), with reductions for burglary (28%), vehicle theft (37%) and assault (35%) within this range. Greater reductions in crime rate could also be predicted from tighter restrictions imposed on movement within public spaces.

The limited reductions for homicide may be explained by several factors, argue the authors. In many societies, a considerable proportion of homicides are committed in domestic contexts and are therefore not affected by stay-at-home orders. Separately, a varying amount of homicides are associated with organized crime, gang conflicts or drug trafficking, and the behaviour of these groups may be less affected by changes in the daily routines of those not involved in organized crime.

The authors note that future research should delve into the dynamics of urban crime in the longer term, using data collected from more cities worldwide. An assessment of the impact of lockdown control measures on crime patterns in specific areas — such as crime hotspots — is also needed.

After the embargo ends, the full paper will be available at: https://www.nature.com/articles/s41562-021-01139-z

doi: 10.1038/s41562-021-01139-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度