Research press release

メンタルヘルス:COVID-19パンデミック下の日本における自殺率の変化

Nature Human Behaviour

Mental health: Suicide rate changes in Japan during COVID-19 pandemic

日本の1か月当たりの自殺率は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの最初の5か月間で14%低下したが、第2波においては16%上昇したことを明らかにした論文が、Nature Human Behaviourに掲載される。今回の研究は、日本の全人口を対象としたデータセットについて報告しており、パンデミックの第2波の間には、女性、子ども、青年の自殺率に大きな増加が見られることも判明した。

COVID-19パンデミックの心理的影響と、その自殺リスクへの影響が懸念されている。自殺が単一の要因によることはまれであり、自殺の広がりの背景にある要因は複雑に入り組んでいる。国の政策の中には、労働時間や就学時間の短縮や、助成金の支給につながっているものもあり、これらは幸福感の増大と関連している可能性がある。一方で、COVID-19の脅威は不安感を増大させ、ソーシャル・ディスタンシングは、人々の結び付きの希薄化、孤立感の増大、医療サービスの利用制限につながっている可能性がある。こうした影響の一部は、自殺の危険因子としてよく知られている。しかし、COVID-19パンデミックにおける自殺率の変化に関する信頼性の高い確実な証拠はいまだほとんど存在しない。

東京都健康長寿医療センター研究所の岡本翔平(おかもと・しょうへい)と田中孝直(たなか・たかなお)は、2016年11月~2020年10月の日本の全人口(1億2000万人以上)をカバーする都市レベルのデータを解析した。その結果、1か月当たりの自殺率は、COVID-19パンデミックが発生した最初の5か月間(2020年2~6月)に14%低下していたことが判明した。成人の自殺は、緊急事態宣言中(2020年3~4月)に大きく減少しており、これは女性(27%)と男性(21%)の両方で認められた。岡本たちは、この自殺率の低下は、国からの補助金が支給されたことで経済的困窮が減少し、労働時間や通勤時間が短縮されたことで生活満足度およびメンタルヘルスの改善につながったことと関連している可能性があると示唆している。同様に、岡本たちは、学校の閉鎖が、第1波の小児や青年の心理的負担を減じていた可能性があると示唆している。

これに対して7~10月の第2波では、1か月当たりの自殺率が16%上昇し、上昇幅は女性(37%)、小児・青年(49%)で大きかった。こうした知見は、従来の自殺パターンと顕著に異なっていることを示している。日本では一般に、男性の自殺率は女性の2.3倍である。パンデミックの第2波では、女性の自殺死亡率の増加率(37%)は、男性(7%)の約5倍であった。なお、既婚で賃金労働に従事していない成人女性の自殺は、パンデミックの全期間を通して増加していた。岡本たちは、今回の結果は、このコロナ危機が、女性が多くを占める業種に偏って影響を及ぼしていて、自宅で過ごすことが母親の負担を増大させることを示した最近の研究結果と一致すると述べている。

岡本たちは、COVID-19パンデミックは、女性、小児、青年の精神的健康に偏って影響を及ぼしている可能性があると結論している。さらに彼らは、今後の自殺予防戦略は、第1波の間に自殺の減少に寄与した可能性のある諸因子を考慮すべきであり、効果的な予防は特定の集団に合わせてカスタマイズされるべきだと提言している。

Monthly suicide rates in Japan declined by 14% during the first five months of the COVID-19 pandemic, but increased by 16% in the second wave, shows a paper published in Nature Human Behaviour. The study, reporting a dataset covering the entire Japanese population, also finds that suicide rates saw greater increases among woman, children, and adolescents during the second wave of the pandemic.

There is concern about the psychological toll of the COVID-19 pandemic and its impacts on risk of suicide. Suicide is rarely due a single factor, and the reasons behind suicide prevalence are complex. Some national policies have led to reduced hours at work or school and/or the support of government subsidies, which may be associated with increased wellbeing. Yet, the threat of the disease may cause increased anxiety, and social distancing may lead to impaired relationships, increased loneliness, and restricted access to healthcare services. Some of these impacts are well-known risk factors for suicide. However, reliable, robust evidence of changes to suicide rates during the COVID-19 pandemic remains scarce.

Shohei Okamoto and Takanao Tanaka analysed city-level data covering the entire Japanese population—more than 120 million people—from November 2016 to October 2020. They found that monthly suicide rates declined by 14% during the initial five months of the pandemic (February to June 2020). Suicides among adults saw the greatest decline during the state of emergency (March 2020-April 2020), in both women (27%) and men (21%). The authors suggest that this may be linked to the provision of government subsidies, leading to a reduction in economic distress, and to a reduction in working hours and commuting time, leading to improvements in life satisfaction and mental health. Similarly, they suggest that school closures may have reduced psychological burdens on children and adolescents during the first wave.

During the second wave, from July to October, monthly suicide rates increased by 16%, with the magnitude of increase greater among females (37%) and among children and adolescents (49%). These findings show a marked difference from historical suicide patterns. Typically, the suicide rate among males in Japan is 2.3 times higher than that among females. In the second wave of the pandemic, the rate of increase in suicide mortality among females (37%) was about 5 times greater than the rate of increase among males (7%). Suicides among adult women who are married and not employed in wage labour increased during all pandemic periods. The authors argue that their results are consistent with recent studies that find that the crisis unevenly affects female-dominant industries and that stay-at-home orders magnify the burden of mothers.

The authors conclude that the pandemic may disproportionately affect the psychological health of women, children and adolescents. They recommend that future suicide prevention strategies should consider the factors that may have contributed to a reduction in suicides during the first wave and that effective prevention should be customised to particular groups.

doi: 10.1038/s41562-020-01042-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度