Research press release

社会学:米国で警察を軍隊化しても犯罪発生率は抑制されない可能性がある

Nature Human Behaviour

Society: Militarization of police may not reduce crime in the US

米国で、余剰な軍装備品(surplus military equipment;SME)を地方警察に提供するのを正当化するために使用されている研究が、信頼性の低いデータに基づいている可能性があることを示した2つの論文が、Nature Human Behaviour に掲載される。より最近のデータからはまた、そうした軍事化は、暴力的な犯罪を減らさない可能性があることも示されている。/p>

米国では、車両、武器、戦闘と関連付けられてきた伝統的な衣服などのSMEが、国防総省から警察署や保安官事務所へと移管されることで、地方の警察機関の軍隊化が進んでいる。米国民の多くは、治安維持活動におけるそうした変化が、公共の安全にどのような影響を及ぼすかを懸念している。支持派は、SMEを救命のためとみており、凶悪な犯罪と闘う上で不可欠とみている。一方、反対派は、SMEは警察の権力の過剰な行使の要因となり、SMEの取得の背後には人種問題があるとみている。

2017年にトランプ政権は、SMEが犯罪発生率および警察官への暴力を減らすと報告した2つの研究を引用して、オバマ政権時に導入された軍隊化の制限を撤廃した。今回Tom Clarkたちは、2本の論文で、この主張の頑健性を精査した。以前の研究は、2014年に公開された政府のSME記録に基づいていた。Clarkたちは、どの警察機関がSMEを所有し、使用しているかに関するデータに大きな矛盾があることを見いだした。例えば、出荷された小火器などについての関連機関の受領記録が欠落していた他、一部の郡では、SMEの受領記録があるにもかかわらず移管はなかったと報告していた。

Clarkたちは、警察の軍隊化、特に犯罪発生率に対する肯定的な政策効果について、2014年に公開されたSMEデータに依拠した論文に基づいて確かな結論を導き、何らかの主張をすることは信頼性に欠けると結論付けている。またClarkたちが更新されたデータを用いて新たな解析を行ったところ、SMEの移管が犯罪を減らすという証拠は認められなかった。

別の論文ではKenneth Lowandeもまた、SMEの警察機関への移管の効果を解析するために使用されたデータの実質的な限界を調べている。Lowandeは、380万件のアーカイブされた在庫記録を使って、既存の研究におけるSME移管のバイアスの原因の規模を推定した。その結果、これまで参照されていなかった情報源に由来するデータに、最も大きな変動があることが明らかとなった。具体的には、管理されている品目について、ある3か月間の期間に1万5000件以上が当局の在庫記録から消えており、4000件以上がSME移管のために受領されていた。この事実は、犯罪発生率の抑制の効果を示すことを目的とした研究の信頼性が低いことを意味する。Lowandeは次に、2014年のデータと、2015年にオバマ政権がSME移管を制限した際に収集されたデータ(数百の警察の強制的な非軍隊化につながったデータ)の比較を行った。SME移管の支持派は、非軍隊化と暴力的犯罪の増加につながりかねないと訴えているが、Lowandeは、非軍隊化が暴力的犯罪や警察官の安全に影響を及ぼしたという証拠はほとんどないことを見いだしている。

Studies that have been used to justify the provision of surplus military equipment to local police in the United States may be based on unreliable data, suggest two separate papers published in Nature Human Behaviour. More recent data also indicate that such militarization might not reduce violent crime.

In the United States, the transfer of surplus military equipment (SME)—including vehicles, weapons and attire traditionally associated with combat—from the Department of Defense to police departments and sheriff’s offices contributes to the militarization of local law enforcement. Many in the US are concerned about how this shift in policing affects public safety. Proponents view SME as lifesaving and critical to fighting violent crime. Opponents say that the equipment is to blame for excessive force by police and that its acquisition is motivated by racial threat.

In 2017, the Trump Administration reversed Obama-era restrictions of militarization, citing two studies that reported that SME reduces crime rates and assaults against police officers. Tom Clark and colleagues examined the robustness of the claims presented in these two papers. The studies were based on government SME records, made available to the public in 2014. The authors found significant discrepancies in the data about which law enforcement agencies have and use SME. For example, there were missing items, such as firearms, that were shipped, but not recorded as being received by the relevant agency, and some counties reported no SME transfers, even though records indicate that they received equipment.

The authors conclude that drawing firm conclusions and promoting claims about the positive policy efficacy of police militarization—especially for crime rates—based on papers relying on the SME data released in 2014 is unreliable. When they conducted a new analysis using updated data, the authors found no evidence that SME transfers reduce crime.

In a separate paper, Kenneth Lowande also examined the substantial limitations of data used to analyse the effects of transferring SME to law enforcement. He used 3.8 million archived inventory records to estimate the magnitude of sources of bias in existing studies SME transfers. He found the most variation in data from previously unobserved sources: in one 3-month period, more than 15,000 controlled items vanished from agency inventories and more than 4,000 were received for transfer. This implies that studies purporting to show crime-reduction benefit are unreliable. Lowande then compared the 2014 data to data collected when the Obama administration recalled SME in 2015, which resulted in the forced demilitarization of several hundred departments. Proponents of SME transfers say that demilitarization would lead to an increase in violent crime, but Lowande found little-to-no evidence that demilitarization had an impact on violent crime or officer safety.

doi: 10.1038/s41562-020-00995-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度