Research press release

疫学:COVID-19の拡大を制限するための非医薬品介入を評価する

Nature Human Behaviour

Epidemiology: Assessing non-pharmaceutical interventions in reducing COVID-19 spread

2020年3~4月にさまざまな国および地域で実施された介入を評価したところ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を抑えるための強制的ではない非医薬品介入(NPI;効果的なコミュニケーション戦略や政府による支援など)が、より強制的な解決策(ロックダウンなど)と同様に、感染の伝播を遅らせる効果があるかもしれないことが分かった。今回Nature Human Behaviour に報告されたNPIの評価によれば、最も効果的なNPIは、小規模な集会の中止、教育施設の閉鎖、出入国の制限、個人の移動制限、国内のロックダウン、個人用保護具の供給量の増加であることも判明した。

SARS-CoV-2を治療する効果的なワクチンがいまだ存在しない状況において、政府は、ウイルスの拡散を緩和するために、さまざまなNPIを採用している。こうした介入は経済的・社会的影響があることから、どのNPIが最も効果的であるかを明らかにできれば、ステークホルダーは、標的を、伝播率を減少させるための介入に絞ることができるようになると考えられる。

今回Peter Klimekたちの研究グループは、4つの計算手法を使用して、2020年3~4月に79の国および地域で実施された6068件のNPIの効果をモデル化し、SARS-CoV-2の拡散の緩和および感染の再生産数(Rt)の低下に対するNPIの影響の評価した。次に研究グループは、得られた結果について、226か国で実施された4万2151件のNPIに関する2つの外部データベースを用いて検証を行った。4つのいずれの計算手法でも、同じNPI(小規模な集会の中止、教育施設の閉鎖、出入国の制限、個人の移動制限、国内のロックダウン、個人用保護具の供給量の増加)が最も効果的であることが判明した。さらに研究グループは、感染症による負の影響を受けやすい集団に対する政府の支援、食糧支援プログラム、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)や自主隔離に関するコミュニケーション戦略など、強制的ではないNPIは、より強制的な選択肢(ロックダウンなど)と同様に、伝播率を減少させるのに有効な可能性があることを明らかにした。最も有効性の低いNPIは、接触表面の消毒などの環境的な対策であった。また研究グループは、それぞれの国におけるNPIの有効性は、施策実施の迅速さ、すでに実施されている対策の数、社会経済的・文化的・政治的要因の影響を受けることを見いだしている。

Peter Klimekたちは、COVID-19の拡大を防ぐ特定のNPIは存在しないこと、そしてそれぞれの国に適した、またその国のエピデミックに適合した介入の組み合わせが必要であることを強調している。Peter Klimekたちはさらに、今回のデータは限定的な期間から得られたものであり、各国が制限を緩和したり再度実施したりしていた長期にわたるNPIの影響を評価するためには、さらなる研究が必要であると注意を促している。

Less-intrusive, non-pharmaceutical interventions to limit the spread of COVID-19, such as effective communication strategies and government support, may be just as effective in slowing transmission as more intrusive solutions, such as lockdowns, according to an assessment of interventions taken in a variety of countries and regions between March and April 2020. The assessment of non-pharmaceutical interventions (NPIs), presented in Nature Human Behaviour, also found that the most effective NPIs were the cancellation of small gatherings, closure of educational establishments, border restrictions, individual movement restrictions, national lockdowns and increasing the supply of personal protective equipment.

In the absence of an effective vaccine to treat SARS-CoV-2, NPIs are being used by governments to mitigate the spread of the virus. As these interventions have economic and social impacts, understanding which NPIs are the most effective would allow stakeholders to target interventions to reduce the transmission rate.

Peter Klimek and colleagues used four computational methods to model the effect of 6,068 NPIs, implemented between March and April 2020 in 79 countries or regions, to assess their impact on mitigating the spread of SARS-CoV-2 and reducing the reproduction rate. They then validated these results using two external databases of 42,151 NPIs from 226 countries. All four methods identified the same NPIs (the cancellation of small gatherings, closure of educational establishments, border restrictions, individual movement restrictions, national lockdowns and increasing the supply of personal protective equipment) as being most effective. Additionally, the authors also identified that less-disruptive NPIs, including governmental support to vulnerable populations, food assistance programmes and communication strategies on social distancing and self-isolation, can be as effective in reducing the rate of transmission as more drastic and intrusive options, such as lockdowns. Among the least effective NPIs were environmental measures, such as the cleaning of shared surfaces. The authors found that the effectiveness of NPIs in individual countries was affected by the speed of implementation, how many measures had already been implemented, and socioeconomic, cultural and political factors.

The authors highlight that there is no individual NPI that will prevent the spread of COVID-19 and that a combination of interventions tailored to an individual country and its epidemic is needed. They caution that their data is time-limited, and further research is needed to assess the impact of the NPIs over a longer period when countries were easing and/or re-implementing restrictions.

doi: 10.1038/s41562-020-01009-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度