Research press release

パートナーによる暴力に進化的起源はあるのか?

Nature Human Behaviour

The evolutionary roots of intimate partner violence?

ボリビアの先住民チマネ族では、親しいパートナーによる暴力(近親者間暴力)を受ける女性たちの方が、暴力を受けていない女性たちよりも平均して多くの子どもを産んでいることを示唆する論文が、今週掲載される。

近親者間暴力は、繁殖能力を持つ個々のパートナーに直接的な害を及ぼすにもかかわらず、広く見られる現象である。そうした暴力には、教育レベルや、女性の権利状況、アルコール・薬物の乱用といった、いくつかの行動的・社会経済的要因が関連付けられている。これらの諸要因は、近親者間暴力の重要な引き金ではあるが、基盤となる進化的な機序が存在するか否かは不明である。

Jonathan Stieglitzたちは、ボリビアのアマゾンに住むチマネ族の5つの村の異性愛の女性105人にインタビューを行った。チマネ族は、暴力や男性の社会的優位性に関する歴史がそれほど強く見られない文化を持つことで知られる。調査の結果、婚姻関係にある親密なパートナーからの暴力を受ける女性たちは、暴力を受けない女性たちより、平均して多くの子どもを産んでいることが判明した。このパターンは、カップルが幼少期に近親者からの暴力を受けていたか否か、また男性側に他の同性に対して過去に暴力を振るった経験があるか否かとは無関係に見られた。過去の調査結果では、チマネ族の女性が求める家族サイズは、平均して男性よりも小規模であることが示されていることから、Stieglitzたちは、理想の家族サイズをめぐる意見の対立がある場合に、近親者間暴力が子の数を増やすよう作用している可能性があると示唆している。

今回の研究では、近親者間暴力の究極的(ないし進化的)な駆動要因に加えて、経済的・社会的なストレスなどの直接的な機序もしくは動機、さらには暴力に対する考え方(いずれも進化上の適応度を高める基盤となる可能性がある)にも焦点が合わせられた。Stieglitzたちは、近親者間暴力がもたらす、パートナーおよび家族にとっての進化上の損失と利益が明らかになれば、そうした暴力を防ぐための組織的な取り組みに役立つのではないかと結論している。

Among the Tsimane people of Bolivia, women who experience intimate partner violence give birth to more children on average than those who do not, suggests a paper published online this week in Nature Human Behaviour.

Intimate partner violence is a widespread phenomenon, despite it causing direct harm to an individual’s reproductive partner. Many behavioural and socio-economic factors have been associated with such violence - including education levels, the status of women’s rights and alcohol/drug abuse. Although these factors are important triggers of intimate partner violence, it remained uncertain whether there could be underlying, evolutionary mechanisms.

Jonathan Stieglitz and colleagues interviewed 105 heterosexual women from five villages of the indigenous Tsimane people, in the Bolivian Amazon - a culture with no strong history of violence or male social dominance. They find that women who experience intimate partner violence in their marriage give birth to more children on average than those who do not. This pattern holds irrespective of the couple’s exposure to intimate partner violence as children and the male partners’ history of violence against other men. With previous work showing that Tsimane women report preferring smaller family sizes on average than men, the authors suggest that intimate partner violence may increase relationship fertility when there is disagreement over ideal family sizes.

The study focused on both the ultimate, or evolutionary, drivers of intimate partner violence and on the proximate mechanisms or motivations, such as economic and social stress; and attitudes toward violence - all of which may underlie evolutionary fitness motivations. They authors conclude that understanding the evolutionary costs and benefits of intimate partner violence to partners and their families may aid institutional efforts to prevent it.

doi: 10.1038/s41562-018-0391-7 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度