Research press release

序列を維持する心

Nature Human Behaviour

Maintaining the hierarchy

経済的不平等を嫌う人は多いが、そうした人であっても、富む人がより少ない金を受け取り、貧しい人がより多い金を受け取るような再分配が行われて既存の「富の序列」が覆されることを望まないことが、今週のオンライン版に掲載された論文で報告されている。この知見は、階層の維持が、人々にとって不平等な扱いを拒否することに等しい社会規範であることを示唆している。

先行研究では、経済ゲームにおいて人は不平等な支払いを拒否することが報告されており、平等を強く望む心は、文化の違いを越えた社会規範であると示唆されていた。しかし、そうした証拠にもかかわらず、所得の不均衡は依然として解消されておらず、他の要因の関与の可能性が疑われていた。

Xinyue Zhouたちの研究グループは、さまざまな文化を対象に一連の経済ゲームを行い、序列が2人の人間への支払いを等しくしたいという人々の意欲にどれほど影響を及ぼすのかを調べた。その結果、実験参加者の大多数は、序列が全体として変わらないと予想される状況では、富む者から貧しい者へ金を再分配することを選択する(この場合、富む者は貧しくなるものの富んだ状態は変わらず、一方で貧しかった者は当初より富むものの貧しい状態で変わらない)が、大半の参加者は、再分配が2人の序列を逆転させる(つまり富む者が貧しくなって、所有する金額が少なくなる一方で、貧しかった者が富み、所有する金額が多くなる)状況になりそうな場合は再分配を望まないことが判明した。子どもを対象とした同様の実験では、不平等の回避は4歳までには現れるが、〈序列の逆転〉の回避は6歳になるまで現れないことが判明した。この結果は、「平等を求める」という規範が、発達の途上で学習されるものであることを示唆している。

このような研究は、不平等の存続を許容する個人レベルの信念と行動に関する理解を深めると考えられる。

People dislike economic inequality, but are unwilling to redistribute money so that those with more receive less and those with less receive more, hence overturning the existing wealth hierarchy, reports a paper published this week in Nature Human Behaviour. The findings suggest that preserving rank can be as much a social norm for people as rejecting unequal treatment.

Previous studies have shown that people reject unequal payments in economic games and suggest that a desire for equality is a social norm that crosses cultural boundaries. Despite this evidence, however, income inequality persists, suggesting that other factors may be at play.

Xinyue Zhou and colleagues conducted a series of cross-cultural economic games to test how rank affects people’s willingness to equalize payments between two individuals. They show that although the majority of participants chose to redistribute funds from rich to poor when the overall hierarchy would not change (rich become poorer, but still have more; poor become richer, but still have less), most participants were unwilling to do so when that would mean reversing the rank of the two individuals (rich become poorer and now have the least; poor become richer and now have the most). Repeat experiments with children revealed that inequality aversion was present from the age of four years, but rank reversal aversion was not evident until age six years, suggesting that this norm is learned later in development.

Research of this kind improves our understanding of the individual-level beliefs and behaviours that allow inequality to persist.

doi: 10.1038/s41562-017-0142

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度