Research Abstract

社会的学習戦略が群知能と集合愚を制御する

Social learning strategies regulate the wisdom and madness of interactive crowds

2019年1月21日 Nature Human Behaviour 3 : 1 doi: 10.1038/s41562-018-0518-x (2019)
社会的学習戦略が群知能と集合愚を制御する
拡大する

人間の集団が場合によって「集合知」を示したり、適応的でない「群衆行動」を示したりする理由は長年の謎であった。本論文では、葛藤が、人々が用いる社会的学習戦略によって制御されていることを示す。我々は699人の参加者を集めて相互作用のあるオンライン実験を行い、課題の不確実性と集団のサイズを変えてヒトの社会的学習のパターンを調べた後、階層ベイズモデルへのフィッティングによって、参加者の示す個々の学習戦略の同定を試みた。困難な課題は人々の同調を強くし、集団が大きくなるほど他者を模倣する割合が高くなるため、大規模集団が不確実性に直面すると高い確率で群衆行動を示した。逆に、小規模集団では社会的学習が低調で、容易な課題では社会的情報が正しい確率が高いことから、他の環境では「群衆の知恵」効果を生じていた。このモデルに基づく方法から、集合知か群衆行動かの予測が可能であることの証拠が得られ、長年の謎が解き明かされた。

Wataru Toyokawa, Andrew Whalen and Kevin N. Laland

Corresponding Author

豊川 航
セントアンドリュース大学 生物学部(UK)
総合研究大学院大学 先導科学研究科

Why groups of individuals sometimes exhibit collective ‘wisdom’ and other times maladaptive ‘herding’ is an enduring conundrum. Here we show that this apparent conflict is regulated by the social learning strategies deployed. We examined the patterns of human social learning through an interactive online experiment with 699 participants, varying both task uncertainty and group size, then used hierarchical Bayesian model fitting to identify the individual learning strategies exhibited by participants. Challenging tasks elicit greater conformity among individuals, with rates of copying increasing with group size, leading to high probabilities of herding among large groups confronted with uncertainty. Conversely, the reduced social learning of small groups, and the greater probability that social information would be accurate for less-challenging tasks, generated ‘wisdom of the crowd’ effects in other circumstances. Our model-based approach provides evidence that the likelihood of collective intelligence versus herding can be predicted, resolving a long-standing puzzle in the literature.

プライバシーマーク制度