리서치 하이라이트

Fewer Atlantic hurricanes under global warming

Nature Geoscience

2008년5월19일

21世紀末までに予想されている明白な地球温暖化の下では、ハリケーンや熱帯暴風は現在より数が少なくなると今週号のNature Geoscience (電子版)に発表された局地的な気候モデルを用いた大西洋の研究が示唆している。この発見は、気候変動が熱帯暴風やハリケーンの頻度を増加させるとする直感とは相容れない。

Tom Knutson等は、ハリケーンのシミュレーションのために設計され、1980年と2006年の間に観測されたハリケーンの増加を再現した大西洋の局地的モデルを用いている。モデルを動かすために、21世紀末を予想した気候モデル集団を用いて、彼等はハリケーンの頻度が減少するが、ハリケーンと熱帯暴風に関連した降雨は顕著に増加するとシミュレーションした。

モデルは、最近の大西洋でハリケーンの数が増加した主な原因は、他の熱帯海洋と比較して熱帯大西洋の温度が上昇したことであり、全球の温暖化から予想されるように熱帯海洋が一様に温度上昇した場合は、大西洋のハリケーン頻度は増加しないとする仮説を支持している。

doi: 10.1038/ngeo202 | Original article

리서치 하이라이트