Research press release

COVID-19:大学の再開には、迅速検査、マスクの着用、接触の低減が必要

Scientific Reports

COVID-19: Reopening universities requires rapid testing, mask wearing and contact reduction

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)時に、大学が再開を検討するには、マスクの着用、ソーシャルディスタンシング、接触の低減などの予防措置とともに、費用対効果が高くて容易に大量実施できる迅速検査が必要であることを示した論文が、Scientific Reports に掲載される。この知見は、米国内の86の大学で収集されたデータを用いたモデル化研究研究によって得られた。

今回、Ujjal Mukherjeeたちは、解析的モデル化によって、大学内でのCOVID-19の感染拡大のシミュレーションを行った。その結果、無症状の感染者からの伝播に関連する特定の課題が克服されていないため、接触者追跡は、感染拡大を阻止するのに不十分である一方、迅速なバルク検査を行うことで感染者数が減少することが分かった。

また、このモデルから、検査の性質、検査能力不足のいずれかの理由で検査結果の判明が遅れる場合、感染者が検査結果を待っている間も人々との接触を続けるため、検査の有効性が低下することも分かった。隔離措置の有効性が100%でない場合にも、検査の有効性は低下した。そしてMukherjeeたちは、マスクの着用や消毒などの予防措置を採用した場合の効果のシミュレーションを行い、検査率が高くても、こうした予防措置が十分に徹底されていない場合には、感染が急速に拡大することを明らかにしている。

以上の知見は、教育施設を安全に再開するためには、マスクの着用、ソーシャルディスタンシング、接触の低減などの予防措置の厳格な適用とバルク検査を組み合わせて実施することが必要であることを示唆している。Mukherjeeたちは、今回の研究で用いられた解析的モデルは、教育機関がその独自のCOVID-19データに基づいて、再開のための戦略の効果を比較評価する際に利用できる可能性があると考えている。

Rapid testing that is cost-effective and easy to administer in high volumes, together with preventative measures such as mask wearing, physical distancing and contact reduction, is needed if universities are to consider reopening during the COVID-19 pandemic. The findings from a modelling study using data from 86 universities in the United States are published in Scientific Reports.

Ujjal Mukherjee and colleagues used analytical modelling to simulate the spread of COVID-19 within universities. The authors found that due to the particular challenges associated with asymptomatic transmission, contact tracing was not enough to contain infection spread, whereas rapid bulk testing was associated with a reduced number of infections.

The model also showed that efficacy of testing dropped if results were delayed either due to the nature of the test or limited testing capacity, as infected individuals continued to interact with people while awaiting test results. Testing efficacy also decreased if isolation measures were not 100% effective. Simulating the effect of adopting preventative measures such as mask wearing and sanitization, the authors found that even at higher testing rates infections spread quickly if these measures were not stringent enough.

The findings suggest that bulk testing in combination with stringent preventative measures such as mask wearing, physical distancing and contact reduction are necessary to safely reopen education institutions. The analytical model provided in this study could be used by institutions to evaluate the effect of different strategies for reopening based on their own COVID-19 data, according to the authors.

The findings suggest that bulk testing in combination with stringent preventative measures such as mask wearing, physical distancing and contact reduction are necessary to safely reopen education institutions. The analytical model provided in this study could be used by institutions to evaluate the effect of different strategies for reopening based on their own COVID-19 data, according to the authors.

doi: 10.1038/s41598-021-84192-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度