研究データの原則と実践ワークショップ

データ共有に不安を持つすべての研究者に

研究データの価値を理解し、データの効果的な共有方法を身につけます。

お問い合わせ

近年、研究資金配分機関や学術出版社などのステークホルダーによる、研究データ共有に対する要求が高まりを見せる一方で、研究者は依然として適切な研究データの管理・共有方法に不安を持っています*。研究データの原則と実践ワークショップは、研究データ管理支援に対する需要の拡大に応えるために開発されました。本ワークショップは、Nature Research Academies の筆頭講師ジェフリー・ローベンズ博士に加え、シュプリンガー・ネイチャーのData Publishingチームから1名、講師として登壇します。

* Stuart, D., Baynes, G., Hrynaszkiewicz, I., Allin, K., Penny, D., Lucraft, M., & Astell, M. (2018). Whitepaper: Practical challenges for researchers in data sharing.

分野
内容は参加者の専門分野に合わせて対応
開催日数
1日または2日のワークショップをお選びいただきます。
内容
1日の場合には4コース、2日の場合は8コースをカバーします。参加者に対して適切で魅力的なプログラムとするためのコース選びをお手伝いします。

研究データの原則と実践ワークショップのコース(トピック)

A partnership starts here

ワークショップの内容や対象分野はご要望に併せてご提案いたします。
まずはお問合せください。

Nature Research Academies」に戻る

プライバシーマーク制度