News

暗黒物質のフィラメントを検出

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120903

原文:Nature (2012-07-04) | doi: 10.1038/nature.2012.10951 | Dark matter’s tendrils revealed

Zeeya Merali

暗黒物質のフィラメントが直接検出され、超銀河団に暗黒物質が存在することが確かめられた。

銀河団エイベル222とエイベル223は暗黒物質のフィラメントでつながっている。

Jörg Dietrich, University of Michigan/University Observatory Munich

目に見える星と銀河の分布は、「宇宙のクモの巣」と呼ばれる網目構造を作っていることがわかっている。宇宙論の標準的モデルによると、この宇宙のクモの巣は、宇宙の物質のほぼ80%を占める暗黒物質(ダークマター)の網目状の分布に導かれてできたとみられている。では、暗黒物質の分布はどのように生じたのか。ビッグバン後まもなく、ほかよりもわずかに密度の高い領域が暗黒物質を引き込んだ。暗黒物質は凝集し、やがて平たいホットケーキ状につぶれた。このホットケーキが交差するところに暗黒物質の長いひも、すなわちフィラメントができ、フィラメントが交差する所に銀河団が発生したと考えられている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度