News

初回の支払いのみで何度でも論文を出版できるオープンアクセスジャーナル

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120931

原文:Nature (2012-06-14) | doi: 10.1038/486166a | Journal offers flat fee for ‘all you can publish’

Richard Van Noorden

新しいオープンアクセスジャーナルPeerJは、数多く提案されている出版モデルの1つを実践しようとしている。終身会費を支払えば何度でも論文を投稿し、出版できるというのだ。

ほとんどの学術ジャーナルは、たった2つの基本的ビジネスモデルのいずれかに基づいて運営されている。読者が定期購読料金を支払うモデルと、論文著者が論文の出版費用を支払い、読者は無料で読めるというモデルだ。ところが、PeerJ社という出版社が2012年12月に創刊予定のオープンアクセスジャーナルPeerJ(2012年8月より投稿受け付け開始)では、1回の終身会費を支払うだけで、査読を経た研究論文を何度でも無料で出版できるというのだ。出版界の専門家は、これを「過激な実験」と評している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度