Japanese Author

一斉に波打つ繊毛 — その協調運動のカギは根元にあった

月田 早智子

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120924

気管、卵管の表面は、上皮細胞で覆われ、一面に繊毛が生えている。たくさんの繊毛は協調して同一の動き方をし、バケツリレー式にものを運ぶ。異物の除去や、卵子の運搬移動がそうだ。世界的な上皮細胞研究者、月田早智子・大阪大学教授は、そうした繊毛の協調運動の解明に取り組んでいる。

–– 繊毛の運動って重要なのですね?

月田: 例えば、ヒトの気管には、繊毛と呼ばれる毛のような構造体がびっしりと生えています。それが波のように、一斉に同じ方向に協調して動き、気管に入ってきた異物などを運び出します。そのおかげで、細菌やウイルスなどの病原体が、肺の中に入って来にくくなっているのです。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度