News & Views

サブミリ波銀河HDF850.1の正体

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120934

原文:Nature (2012-06-14) | doi: 10.1038/486199a | An infant giant

Alberto D. Bolatto

非常に遠方にあるらしい、サブミリ波長(1mm未満)で明るく輝いている銀河の分光観測が行われ、ビッグバンからわずか10億年ほどの、生まれたばかりの銀河団の中心部にあることが明らかになった。

他分野の科学と同様、天文学もまた技術の進歩によって大きく前進することがあり、その傾向はより強いかもしれない。新しい性能を持った装置が導入されると、以前は想像することさえなかったか、仮説でしかなかったような現実が姿を現すこともある。そうした進歩の一例が1990年代後半に見られた。大判のサブミリ波カメラが登場し、その結果、明るいけれども正体のよくわからない銀河のグループが見つかったのだ。これに特に貢献したのが、ハワイのマウナケア山頂にあるジェームズ・クラーク・マクスウエル望遠鏡に搭載されたSCUBA(サブミリ波共同利用ボロメーターアレイ)というカメラだった。マックス・プランク天文学研究所(ドイツ・ハイデルベルク)のFabian Walterらは今回、このグループに含まれる銀河の理解を進め、その起源に関する議論を締めくくる分析を行い、Nature 2012年6月14日号233ページに報告した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度