News

やっぱりリンが好き

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120902

原文:Nature (2012-07-09) | doi: 10.1038/nature.2012.10971 | Arsenic-loving bacterium needs phosphorus after all

Quirin Schiermeier

激しい論争が続いていた、高濃度ヒ素下で生きる生物について、2組の研究チームが再試験を行い、その生存には通常どおりリンが必要なことがわかった。

細菌GFAJ-1は高濃度のヒ素下で生存できるが、DNAにヒ素を取り込むわけではない。

SCIENCE/AAAS

2010年12月米国航空宇宙局(NASA)の研究チームは、米国カリフォルニア州のモノ湖でヒ素耐性を持つ細菌について記者会見し、「地球外生物を示す証拠の探査に影響する宇宙生物学的発見」と述べた。当時NASAのフェローで、現在はローレンスバークレー国立研究所(米国カリフォルニア州)に所属するFelisa Wolfe-Simonらは、このハロモナス科の細菌GFAJ-1は、DNAなどのきわめて重要な生化学物質の中に、リンの代わりにヒ素の原子を取り込むことができると言い、Scienceオンライン版に発表した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度