Comment

追悼・外村彰博士

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120814

原文:Nature (2012-06-21) | doi: 10.1038/486324a | Akira Tonomura (1942–2012)

Archie Howie

riken

外村彰博士は、顕微鏡によって基礎物理学の分野に変革をもたらし、ロバート・ブラウン(植物学者)のように、観察研究に新たな世界を開いた。19世紀、ブラウンの顕微鏡でブラウン運動と細胞核が発見されたが、20世紀と21世紀には、外村博士の顕微鏡によって量子力学の基本原理とその応用が明らかになったのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度