News

福島第一原発事故による被曝量の国際評価

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120807

原文:Nature (2012-05-24) | doi: 10.1038/485423a | Fukushima’s doses tallied

Geoff Brumfiel

国連科学委員会と世界保健機関は、それぞれ独自に、福島第一原発事故による放射線被曝について包括的な評価を進めてきた。それによると、原発周辺地域の住民や原発作業員の健康に及ぼす影響は、非常に小さいとする調査結果が出た。

2011年3月の福島第一原発の事故により大量の放射性物質が放出されたが、この放射性物質にさらされたことが原因でがんになる人はほとんどいないだろう。がんになる人がいたとしても、その因果関係を明らかにすることはできないだろう。原発周辺地域の住民と、大破した原子炉を制御下に置くために奮闘した数千人の原発作業員の被曝線量について包括的な評価を行った2つの独立の報告書では、このように結論付けられている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度