Japanese Author

転写因子ネットワークを再構築することで、別の機能を果たす細胞に転換!

鈴木 治和

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120724

切断すると2個体になるプラナリアやちぎれた足が生えるイモリなど、下等動物には、体のあちこちが再生するものがいる。哺乳類でも、線維芽細胞を特殊な薬剤で処理すると脂肪細胞様になることなどが知られるが、高等動物細胞の分化や脱分化のメカニズムには不明な点が多かった。理化学研究所オミックス基盤研究領域の鈴木治和プロジェクトディレクターは、細胞が特定の機能を発揮するために必要な転写因子とそのネットワークを体系的に抽出する技術を開発。細胞に「別の細胞の機能を果たすための転写ネットワーク」を移植することで、iPS細胞などの幹細胞を経ずに、機能を転換させることに成功した。

–– Natureダイジェスト:今回の研究は、理化学研究所(以下、理研)においてどのような位置づけなのでしょうか?

鈴木:理研では2000年以降、マウスcDNAのアノテーション(機能注釈)からスタートしたFANTOMプロジェクトを段階的に進めています。その後、ヒトcDNAを対象とするようになり、2009年に第4期(FANTOM4)を終了。現在は、第5期(FANTOM5)を展開しています。今回の研究は、FANTOM4から派生したといえるものです。遺伝子発現を制御する転写因子のいくつかを操作することで、「ある細胞」から脱分化を経ずに「別の機能を発揮する細胞」へと転換する普遍的な手法を開発し、実際の細胞を使って検証しました。

FANTOM プロジェクト

–– FANTOMプロジェクトについて、ご説明ください。

2000年頃までに、内外において、線虫、ショウジョウバエ、マウスをはじめとするさまざまなモデル生物のゲノム解読が終わり、2002年にはヒトゲノムプロジェクトも完了しました。その後、ゲノム研究は、得られた配列情報をネットワークや機能と結びつけるアノテーションの段階に進み、アメリカでは「エンコード計画」が始められました。理研では、マウスの各組織から網羅的に単離したRNAを完全長cDNAに変換したうえでクローン化し、配列決定とアノテーションを行う「マウスcDNA百科事典プロジェクト」が進行していたこともあり、そのデータを用いてFANTOMプロジェクトを進めることになったのです。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度