News

英国式新PhD教育

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120728

原文:Nature (2012-04-05) | doi: 10.1038/484020a | PhDs leave the ivory tower

Daniel Cressey

英国では大学に博士トレーニングセンターを設置し、将来の研究室運営や学術機関以外でのキャリアに備えた教育が行われている。

バチカン・ローマ教皇庁執務室「署名の間」の壁面を飾るラファエロ作「アテナイの学堂」。古今の哲学者が一堂に会するこの絵は、知の多様性を象徴している。

Apic/Hulton Archive/Getty Images

“PhD”という3文字が自分の肩書きを飾る日を夢見て、わずかな報酬で長時間にわたって研究室で働く、科学の世界の「船こぎ奴隷」。つい最近まで、博士課程の学生はそんなふうに風刺されていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度