News

脳を進化させたのはレプリカ遺伝子

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120705

原文:Nature (2012-05-03) | doi: 10.1038/nature.2012.10584 | Human brain shaped by duplicate genes

Ewen Callaway

ある遺伝子の複数のコピーが、脳の情報処理能力を向上させたのかもしれない。

Justyna Pszczolka/Alamy

ヒトは二足歩行を行い、体毛の大部分を失っている点で、ほかの霊長類と異なっている。なかでも最も大きな違いは、言語、芸術、科学など、文明の象徴を生み出す能力のある脳を持っていることだ。先頃、Cellオンライン版に発表された2つの研究1,2により、何百万年も前に起こったDNAの重複エラーが、複雑なヒト脳の進化にきわめて重要な役割を担っている可能性が示唆された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度