News

暗黒世界の「力」を探す素粒子実験

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120707

原文:Nature (2012-04-05) | doi: 10.1038/484013a | Physicists hunt for dark forces

Eric Hand

素粒子物理学の新たな地平を求めて、安価な粒子加速器と少ない研究費で、「重い光子」を探る試みが始まった。

トマスジェファーソン国立加速器施設の自由電子レーザーは、ダーク粒子に働く力を低コストで探す実験計画に使われる。

JEFFERSON LAB

米国バージニア州ニューポートニューズにあるトマスジェファーソン国立加速器施設(TJNAF)。地下トンネルの中の加速器で電子ビームが加速されている。このビームのエネルギー(電子の速度)はそれほど高くないが、非常に多くの電子が詰め込まれている。理由は、「輝かない光子」を検出するために、きわめて強い(電子の数が多い)ビームが必要であるからだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度