News

ハトは磁場を「聴いている」

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120704

原文:Nature (2012-04-26) | doi: 10.1038/nature.2012.10540 | Pigeons may ‘hear’ magnetic fields

Daniel Cressey

ハトでは、脳の個々のニューロンが地球の磁場についての重要な情報を伝えている可能性がある。

ISTOCKPHOTO

ハトの高度な航空技術は、古くから磁場感知能力と結びつけられてきた。だが、その機構についての研究は非常に難しく、不明な点が多い。このほど、ベイラー医科大学(米国テキサス州ヒューストン)のDavid DickmanとLe-Qing Wuは、ひとつひとつの細胞が磁場の方向、強度、極性についての情報をコードしているという論文をScienceに発表した1。さらにそのシグナルは、トリの内耳にある「壷嚢」と呼ばれる耳石器官から出ていることが示唆され、鳥類の磁場感知に関する研究がますます複雑になってきた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度