News

振られた雄バエはやけ酒をあおる

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120603

原文:Nature (2012-03-15) | doi: 10.1038/nature.2012.10227 | Rejected flies turn to booze

Ed Yong

セックスとアルコールによる報酬系の基盤には、たった1つの神経伝達物質が関与している。

imagebroker/Alamy

キイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)の雄は、雌の生殖器にすり寄り、腹部を軽くたたき、翅で歌を歌って、雌に求愛する。だが、その甲斐なく振られてしまうと、悲しみを酒で紛らわせるらしい。このほど、求愛に失敗したショウジョウバエの雄がアルコールを含む餌を好んで摂取することを、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)のUlrike Heberleinとハワード・ヒューズ医学研究所ジャネリア・ファーム(米国バージニア州アシュバーン近郊)のGalit Shohat-Ophirらを中心とする研究チームが発見した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度