News

成人女性の卵巣から幹細胞

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120607

原文:Nature (2012-03-01) | doi: 10.1038/483016a | Egg-making stem cells found in adult ovaries

Kendall Powell

成人女性の卵巣から卵を形成する幹細胞が見つかった。これにより、不妊の新しい治療法や生殖可能年齢の延長への道が開けるだろう。

胎児期に形成される卵母細胞は、生後に増えることはないと言われてきた。しかし、成人女性から卵母細胞に分化する幹細胞が発見され、その説は覆ろうとしている。

IMAGE SOURCE/ALAMY

教科書を書き換えるべきときがきたようだ。この60年もの間、高校の生物学教師から不妊治療の専門医まで誰もが、1つの通説をよりどころにしてきた。それは、ヒト女性は卵巣内にすべての卵(実際は第一減数分裂前期で停止した卵母細胞)を持って生まれ、生後に新たに卵が増えることはないという説だ。しかし今回、マサチューセッツ総合病院(米国ボストン)のJonathan Tillyらにより、22〜33歳の女性6人の卵巣から、卵を作り出せる幹細胞が同定され1、この通説は根底から大きく揺らぐこととなった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度