News

再生医療でマウスの全身を治療!?

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120602

原文:Nature (2012-04-18) | doi: 10.1038/nature.2012.10472 | Regenerative medicine repairs mice from top to toe

Leila Haghighat

マウスでの3つの独立した研究から、毛髪、目および心臓細胞に正常機能を回復できることが示された。

生体工学で作製された再生毛包原基をヌードマウスに移植すると、発毛した。この技術は男性型脱毛症の救世主となるか。

写真提供:辻 孝/東京理科大学

4月に発表された3つの研究によると、新しい細胞をマウスに導入すれば、毛髪であろうと目であろうと心臓であろうと、異常細胞と置き換えることができ、正常機能の回復に役立つことが示された。研究者たちは、現在、この手法がヒトでも機能するかどうかを確認するために、臨床試験をめざしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度