News Scan

ゴールドバッハの素数

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120606b

「弱い予想」の証明に一歩

数学における未解決問題の1つが、「任意の奇数はたかだか3つの素数の和で表せる」という「弱いゴールドバッハ予想」だ。素数はそれ自身と1を除くどんな数でも割り切れない数で、例えば 35=19+13+3や77=53+13+11などとなる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の数学者Terence Taoは、奇数を5つの素数の和として表せることを示し、証明に一歩近づいた。彼はこれを3つに減らせるだろうと予想している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度