News

思慮に欠ける日本の研究所統廃合計画

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120518

原文:Nature (2012-02-02) | doi: 10.1038/482019a | Japan plans to merge major science bodies

冬野 いち子

研究開発系独立行政法人の統廃合計画は、支出削減はかけ声だけで、改革の意味さえ明確ではない。屋上屋を架すで官僚主義が助長され、研究の質が低下するおそれがある。

世界最速のスーパーコンピューター(上)を運営する理化学研究所も、新たに作られる機関の監督を受けるようになるかもしれない。

JIJI PRESS/AFP/GETTY IMAGES

景気低迷に苦しむ日本政府が、研究開発制度を抜本的に改革して経費節減を進めるという名目のもと、日本屈指の研究機関を一緒くたに統合しようとしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度