News

南極の氷底湖についに到達

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120508

原文:Nature (2012-02-16) | doi: 10.1038/482287a | Russians celebrate Vostok victory

Nicola Jones

南極の氷の底にあるボストーク湖をめざして1990年代から掘削を進めてきたロシアチームが、とうとう、この湖に到達した。

REF. 2

極寒の地で20年にわたって続いた掘削作業と激しい議論の末、ロシアの調査チームが、ついに南極の厚い氷床の底にあるボストーク湖に到達した。ボストーク湖は、南極の氷底湖の中で最も大きく、最も深いところに埋もれている。この湖は、何百万年もの間、外界から隔離されてきたので、そこに微生物がいれば、特別に適応した仕組みを持っている可能性が高い。ロシアの研究チームと交流のあるモンタナ州立大学(米国、ボーズマン)の南極研究者John Priscuは、「彼らは今週、ウォッカを飲み続けるに違いありません」と言う。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度