News

ダークエネルギーの大問題

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120418

原文:Nature (2012-01-05) | doi: 10.1038/481010a | Survey tunes in to dark energy

Eric Hand

宇宙の銀河を観測すると、ダークエネルギーがあって宇宙膨張を加速させているように見えるが、宇宙の長い歴史において、ダークエネルギーが一定だったかどうかは不明だ。それを探る研究が始まった。

BOSS実験で使用されるアルミニウム製のプレートの1枚。
プレートには小さな孔があけてあり、個々の銀河からの光は、この孔を通って入射してくる。その光を分析することで、それぞれの銀河がどのくらいの速度で地球から遠ざかっているかがわかる。

D. LONG, SDSS-III

自然界最大の謎の1つがダークエネルギーだ。それを探るためにDavid Schlegelが製作した道具は信じられないくらい単純なもので、マンホールの蓋くらいのアルミニウム製プレートだ。ただし、その枚数は2200枚もあり、それぞれに、空の特定の領域に見える銀河の分布に合わせた孔があけてある。このプレートはアパッチポイント天文台(米国ニューメキシコ州)の2.5m望遠鏡の主焦点に装着するためのもので、一度ずつ、1時間だけ使用される。プレートを装着した望遠鏡を正しい方向に向けると、それぞれの銀河からの光が、対応する孔を通って入射してくる。その光は波長成分に分解され、とどまることのない宇宙の膨張により、個々の銀河がどのくらいの速度で地球から遠ざかっているかを測定するために使われる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度