Comment

インフルエンザ伝播の研究は急務である

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120407

原文:Nature (2012-02-09) | doi: 10.1038/nature10884 | Flu transmission work is urgent

河岡義裕

H5N1鳥インフルエンザ研究をめぐり、議論が巻き起こっている。インフルエンザ研究者、河岡義裕は、インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)を防ごうとするなら、 哺乳類で伝播する鳥インフルエンザウイルスの研究を継続することが必要だと主張する。

1997年、香港で、高病原性H5N1鳥インフルエンザウイルスによる初めての死者が出た。2003年以降、578件のH5N1ウイルス感染例が確認されており、それによる死者数は累計340人に上る。H5N1ウイルスは現在、東南アジアおよび中東の一部に広がっており、家禽などの殺処分も含めると何億羽という鳥が死亡している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度