News

ようやく力を発揮し始めたジェミニ天文台

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120417

原文:Nature (2012-01-19) | doi: 10.1038/481251a | Gemini’s twin telescopes reboot

Eric Hand

最新の補償光学装置を備え、最先端の天文台によみがえった。

ジェミニ南望遠鏡で多重補償光学システムGeMSなどが稼働し始め、最先端の天文台へとよみがえった。

Gemini Observatory/AURA

ジェミニ天文台は世界最大級の望遠鏡のうちの2基を持ち、ハワイとチリに置かれた天文台から北半球の空と南半球の空の両方を観測することができる。しかし、その本来の力を発揮し始めるまでにはずいぶん時間がかかった。2000年に稼働し始めたものの、科学的成果の面ではライバルに後れを取り、また、あまりに野心的で特殊な装置に数百万ドルの予算を費やし、結局、それらの装置は実現しなかった。天文学者Frederic Chaffeeは、ライバルであるハワイのマウナケア山にあるケック天文台の台長としてジェミニ天文台の苦闘を見てきた。「それはまるで道に迷った子どものようでした」と振り返る。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度