News Feature

欧州でのヒトES細胞研究にブレーキ

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120318

原文:Nature (2011-12-15) | doi: 10.1038/480310a | The cell division

Alison Abbott

ドイツ人研究者Oliver Brüstleは、10年以上もヒトES細胞関連の特許について闘ってきた。しかし、欧州司法裁判所が下したのは、思いも寄らぬ厳しい判決だった。

LIFE & BRAIN CENTER

2011年10月18日、ルクセンブルクの欧州司法裁判所で、ある重大な判決が下された。ドイツ人神経科学者Oliver Brüstleのヒト胚性幹細胞(ES細胞:あらゆる種類の成熟細胞に分化できる能力を備えた細胞)に関する特許権に対して、環境保護団体グリーンピースが無効とする訴訟を起こしていたのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度