News

数独の重要問題が解けた

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120304

原文:Nature (2012-01-08) | doi: 10.1038/nature.2012.9751 | Mathematician claims breakthrough in Sudoku puzzle

Eugenie Samuel Reich

解を1つしか持たない数独問題の作成には、少なくとも17個のヒントが必要であることが証明された。

解を1つだけ持つ有効な数独問題を作成するには、少なくとも17個のヒントが必要である。

ISTOCKPHOTO

アイルランドの数学者が、複雑なアルゴリズムとスーパーコンピューターを用いて数百万時間に及ぶ演算を行い、数独に関する重要な問題を解決した。数独は日本から広まったパズルで、与えられている数字をヒントにして、9╳9のマスに1から9までの数字を入れて解盤面を完成させる。このとき、縦、横、および太い線で区切られた3╳3のブロック内のすべてで、1から9までの数字を1回ずつ使うようにしなければならない。新聞紙上の数独の大半は25個前後のヒントが与えられているが、ヒントの数が増えるほど、難度は低くなる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度