News

超大質量ブラックホールを発見

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120203

原文:Nature (2011-12-06) | doi: 10.1038/nature.2011.9553 | Record-breaking black holes fill a cosmic gap

Ron Cowen

観測史上最大のブラックホールが発見され、初期宇宙での銀河形成の解明につながるかもしれない。

NGC3842銀河に見つかった超大質量ブラックホール(中央の黒い部分)は、私たちの太陽系(挿入図)よりもはるかに大きい。

PETE MARENFELD

太陽の約100億倍以上の質量を持つ巨大ブラックホールが、近傍銀河の中心で発見された1。これまでの最大は太陽の67億倍だった。今回発見された「重力モンスター」は、ビッグバンから約10億年後の最も明るいクエーサーの名残である可能性があり、宇宙の歴史におけるミッシングリンクとなるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度