News

幹細胞のパイオニアが撤退

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120224

原文:Nature (2011-11-24) | doi: 10.1038/479459a | Stem-cell pioneer bows out

Monya Baker

米国のジェロン社、幹細胞による脊髄損傷治療に関する臨床試験の中止を発表。

2011年11月14日、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)の治療用製品を患者で初めて試験したジェロン社(米国カリフォルニア州メンロパーク)が、幹細胞治療法の開発から撤退すると発表した。この動きに投資家は敏感に反応し、ジェロン社は背伸びしすぎていたのではないかという疑問がわき上がった。この発表は、新薬の開発がいかに難しいかをまざまざと示すことになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度