News

ロシア惑星探査の悪夢

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120218

原文:Nature (2011-11-17) | doi: 10.1038/479275a | Russia gets the red planet blues

Eric Hand

フォボスへの大型探査機が失敗し、惑星探査におけるロシアの復活は危ぶまれている。

火星の衛星フォボスから土を持ち帰る計画だったロシアの探査機「フォボス・グルント」は、地球を回る軌道を離れることができないでいる。この計画は宇宙開発史上、最大の惑星探査計画であり、ロシアが太陽系探査における旧ソビエト連邦時代の栄光を取り戻すという期待も担っていた。しかし、奇跡が起きてエンジンの再始動に成功しないかぎり、2011年末までには火の玉になって地球に落下する見込みだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度