News & Views

ミステリアスな金の表面

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120230

原文:Nature (2011-11-24) | doi: 10.1038/479482a | Gold’s enigmatic surface

Robert J. Madix & Cynthia M. Friend

金はかつて考えられていたほど不活性ではない。金を使って分子合成を促すことができる。飽和炭化水素から一次元ポリマーの形成を誘導する金のようすを、走査トンネル顕微鏡がとらえた。

炭素–炭素結合形成反応は、例えばポリマーなど、特定の構造と特性を持つ分子を作るために利用されている。ところが、出発物質として飽和炭化水素(アルカン)を使用すると、この反応は非常にやっかいになる。分子内の強い炭素–水素(C–H)結合を最初に切断しなければならず、厳しい反応条件が必要になることが多いからだ。一般的に、反応条件が厳しいと、分子内の特定のC–H結合を切断することが困難になり、炭素–炭素結合が形成される場所を選択的にコントロールすることが難しくなる。このたび、Zhongら1は、金の表面にアルカンが吸着すると金の一次元チャネルの構造が変化することをScienceに報告した。このチャネルが、アルカンの末端もしくは末端近傍でのみ炭素–炭素結合が形成するよう重合を誘導する、つまり、金表面でアルカンモノマー鎖の末端あるいは末端付近が選択的に反応してポリマーが形成されるというのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度