News

ヒッグス粒子を追い詰める

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120202

原文:Nature (2011-12-15) | doi: 10.1038/480301a | Detectors home in on Higgs Boson

Eugenie Samuel Reich

ヒッグス粒子の質量範囲が狭められ、そのシグナルらしきものが検出された。いよいよヒッグス粒子は見つかるのか。

2011年12月13日、欧州原子核研究機構(CERN:スイス・ジュネーブ近郊)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使った2つの国際共同研究グループ、ATLAS実験(東京大学や高エネルギー加速器研究機構など、日本の研究機関も参加)とCMS実験の物理学者たちが、ヒッグス粒子出現の可能性を示唆するシグナルを検出したと発表した。この結果は、長らく探索されてきたヒッグス粒子の存在を示す決定的な証拠ではないが、これまでで最も可能性が高いものだ。ヒッグス粒子は、ほかのすべての素粒子に質量を与える力場の現れである。今後、さらなるデータが得られれば、質量約125ギガ電子ボルト(GeV)のヒッグス粒子の存在が証明されるだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度