News

「ちきゅう」が東北沖地震を掘削調査する

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120217

原文:Nature (2011-11-03) | doi: 10.1038/479016a | Drilling ship to probe Japanese quake zone

Nicola Jones

2012年4月、探査船「ちきゅう」は東北沖地震を引き起こした断層の掘削に挑む。

JAMSTEC/IODP

JAMSTEC地球深部探査センターの地球深部探査船「ちきゅう」は、2011年3月11日に発生した巨大津波に翻弄され、損傷を受けた。修理を終えたこの探査船に、このほど、ぴったりの任務が与えられた。甚大な被害をもたらしたマグニチュード9.0の東北沖地震(東北地方太平洋沖地震)の震央付近の断層帯を掘削し、温度測定を行うのだ。地震発生直後の海底断層の掘削は、これが初めての試みだ。科学者は数十年前から、海底断層が滑って地震や津波を引き起こす過程で摩擦が果たす役割に興味を持っていた。今回の調査の目的は、この謎を解くことにある。「ちきゅう」による掘削調査は、巨大津波を引き起こしやすい断層と、引き起こしにくい断層がある理由を科学者が理解するうえで役立つはずだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度