News Scan

3億年経っても残る記録!

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121209a

超長期のデータ保存方式が誕生

日立製作所と京都大学の三浦清貴研究室が共同開発した石英ガラス記録シス テム。
a はガラス内部に記録したパターンで、b は記録したパターンを光学顕微鏡で撮影したドット像。4層に分けて記録したドット像を正確に読み取るために、焦点距離を変えた2枚の画像を使ってコントラストを強調する技術を開発した。 c は輪郭を強調する信号処理をした後のドット像。こうして、4層すべてにおいて読み出しエラーをゼロにするSN 比を達成した。

提供:日立製作所

文化財や研究データの保管では、いまだに磁気テープを使っている機関も多い。この昔風の記録方式はもちろん、CDやDVD、磁気ディスクよりもずっと長持ちする記録媒体が開発された。2012年9月24日、日立製作所が発表した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度