News

重力レンズでダークエネルギーに迫る

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121220

原文:Nature (2012-09-13) | doi: 10.1038/489190a | Cameras to focus on dark energy

Eric Hand

遠い銀河の像の微小な歪みを測定し、宇宙の膨張が加速している原因に迫る2つの観測計画が始まる。

ダークエネルギーサーベイ(DES)計画が使用する新開発のカメラは、弱い重力レンズ効果のかすかな効果を調べるため、数百万個の銀河を撮影する。

R. HAHN/FERMILAB

遠い銀河の画像は、最高の条件で撮影したとしても少し歪んでいることがある。しかし、これはそういうものなのであり、撮影装置の欠陥ではない。質量が時空を歪めるので、遠い銀河から来る光は、その途中にある見えない物質のそばを通過するときに曲がってしまう。このため、天体の像はわずかに変形したり引き伸ばされたりする。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度